058-262-6333
お電話でのお問い合わせはこちら

血中NK細胞活性検査

当院では、ガン細胞を殺傷する“NK細胞”の免疫機能を計測する“血中NK細胞活性検査”を行っております。
免疫の活性度を経年的に見ることで、ガンになりやすい状態を早期に発見して予防につなげていくことが期待できます。


老化とは?

女性の場合

女性の場合

特に表れるのが閉経に伴う更年期障害です。
体重の増加や感情の乱れ、筋肉や骨の衰えが見られます。
これは、卵巣から分泌される女性ホルモンが急激に減少することが原因です。
ホルモンの変化は、一般的に30代から始まることが分かってきました。
多くのストレスを抱える現代女性の場合、ホルモンバランスを崩しやすく若い人でも更年期障害に似た症状を引き起こすことがあります。これは男性も例外ではありません。


男性の場合

30~45歳までに身体の変化を自覚し始めるが、記憶力の低下や疲労感、性欲の低下、抜け毛もホルモンの減少が原因とされる。
実際の年齢は若くても老けて見える人や反対にいつまでも若く見える人がいるのはヒト成長ホルモンやエストロゲン、テストステロンと言った老化の鍵を握るホルモンのバランスに個人差が有るからなのです。